【マリッジトキシン】作者(原作者)静脈の出身や性別は?プロフまとめ!

【マリッジトキシン】作者(原作者)静脈の出身や性別は?プロフまとめ!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

みなさんは、少年ジャンプ+で連載中の人気マンガ「マリッジトキシン」の作者(原作者)をご存じでしょうか?

その原作者は「静脈」先生で、マリッジトキシンでは「殺し屋」×「婚活」をテーマとした物語を連載しています。

同作品は、鬼滅の刃の「吾峠呼世晴」先生や、呪術廻戦の「芥見下々」先生も太鼓判を押しており、今最も注目される漫画の1つです。

マリッジトキシンの原作者「静脈」先生とは、一体どのような人物なのでしょうか?

マリッジトキシンの原作者「静脈」先生のプロフィールについて知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

マリッジトキシンの全てをわかりやすく解説!

漫画「マリッジトキシン」をお得に読みたい方はコミックシーモアがオススメです!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
  • 初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニューに登録で最大20000円分のポイントがもらえる(継続に応じたポイント付与あり)

「マリッジトキシン」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!

1冊70%OFF&最大20000ポイントがもらえる!

※本ページの情報は2024年2月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

【マリッジトキシン】原作者・静脈のプロフは?

マリッジトキシンの原作者である「静脈」先生とは、一体どんな人物なのでしょうか?

性別・出身など気になるプロフィールについてご紹介します。

プロフィール

名前静脈(じょうみゃく)
身長不明
年齢不明
誕生日不明
星座不明
出身地不明
性別不明

マリッジトキシンの原作者「静脈」先生の名前はペンネームであり、本名ではありません。

名前を含め、顔や性別、家族構成などといった多くの情報は公開されていませんでした。

経歴

活動時期は2021年からで、主に漫画のストーリーを構成する「漫画原作者」として現在まで活躍されています。

活動当初(2021年)は、「ゲンロンひらめき☆マンガ教室」という漫画家育成プログラムを受講していました。

受講後は、少年ジャンプ+で「ハイパーハードスペシャルミッション」という読み切り漫画を掲載し、初デビューを飾ります。

そのわずか1年後には、同じく少年ジャンプ+で「マリッジトキシン」の連載を掲げるなど、目覚ましい活躍を遂げています。

【マリッジトキシン】原作者・静脈の代表作は?

マリッジトキシンの原作者「静脈」先生の代表作には何があるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

ハイパーハードスペシャルミッション(2021)

「ハイパーハードスペシャルミッション」は、2021年に少年ジャンプ+で掲載された読み切り作品です。

この作品は、静脈先生のデビュー作品となっています。

気弱な殺し屋・桃壱。ある日の仕事終わり、仕事のパートナーであり恋人でもある真倫から新たなミッションを言いつけられる。「お母さんに会って欲しい」。交際している男女にとっての超重要任務『親への挨拶』。そこで巻き起こるは…!?ハイパーアクション特別読切85P!!

ハイパーハードスペシャルミッション(静脈・依田瑞稀)/少年ジャンプ+

殺し屋の「桃壱」が、彼女「真倫」の母親に挨拶をする物語ですが、母親の恐ろしい本性に驚くような展開となっています。

同作品の漫画は依田瑞稀先生が務めており、後に「マリッジトキシン」で再度タッグを組むこととなります。

霊掃業の洗井くん(2021)

「霊掃業の洗井くん」は、2021年に少年ジャンプ+で掲載された読み切り作品です。

「ハイパーハードスペシャルミッション」の次に掲載された読み切り作品で、漫画は「肥田野健太郎」先生が務めています。

除霊師・祓沢のドライバー兼助手として働く洗井。医学部受験に失敗し、就職も上手く行かず、巡り着いた成れの果てであるこの仕事。ただの一般人である洗井は、霊の恐怖におびえオムツを履いて仕事をする日々だった。そんな追い詰められた洗井への次なる依頼はかつての親友の…。人生の澱が交差する除霊アクション読切。

霊掃業の洗井くん(静脈・肥田野健太郎)/少年ジャンプ+

少し消極的な性格の主人公「洗井」が、短い物語の中で成長し、自身の役割を再確認していきます。

テーマは少しダークネスですが、テンポよく読み進めることができます。

マリッジトキシン(2022~)

「マリッジトキシン」は、2022年から少年ジャンプ+で掲載されている連載作品です。

この作品は、静脈先生の連載デビュー作品となっています。

数百年続く殺し屋『毒使い』の青年・下呂。裏稼業に身を置き、女性が苦手な彼にとって結婚はするべきではないものだった。しかし、『毒使い』の血を絶えさせないため実家は彼の妹に対し、強制的に跡継ぎを産ませることを通告。そんな時、下呂は仕事のターゲットだった結婚詐欺師・城崎と出会い…!?「――そんな提案(プロポーズ)、初めて」結婚詐欺師をアドバイザーにした殺し屋の婚活が始まる!目指すは最高の結婚…世界一ハードな婚活バトルアクション!!

マリッジトキシン(静脈・依田瑞稀)/少年ジャンプ+

同作品では、1作目の読み切り作品でタッグを組んだ「依田瑞稀」先生が漫画を担当しています。

「殺し屋」×「婚活」という独特な世界観はもちろん、ハイパーハードスペシャルミッションで登場した桃壱と真倫も登場しています。

現在まで単行本も発行されており、鬼滅の刃の「吾峠呼世晴」先生や、呪術廻戦の「芥見下々」先生も太鼓判を押す作品です。

【マリッジトキシン】原作者・静脈の出身や性別まとめ!

今回は、マリッジトキシンの原作者である「静脈」先生の出身や性別といったプロフや、過去の代表作についても合わせてご紹介しました。

以下、マリッジトキシンの原作者「静脈」先生に関するまとめです。

  • 原作者・静脈は「2021年から活動する漫画原作者
  • 出身や性別、家族構成など多くは非公開
  • 代表作は「ハイパーハードスペシャルミッション」「マリッジトキシン」など

これを機に、ぜひ静脈先生の作品を知ってもらえたら嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました