【サカモトデイズ】登場キャラクター・作品のあらすじについて紹介!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

週刊少年ジャンプにて連載中の大人気漫画「サカモトデイズ」

「殺し屋」をテーマにしたバトル・アクション漫画で、家族思いな主人公が平和な日常を取り戻すため、様々な刺客とバトルを繰り広げます。

この記事では「サカモトデイズ」における以下の点をまとめています。

サカモトデイズをまだ読んだことがない方は、ぜひ参考にして下さい!

漫画「サカモトデイズ」をお得に読みたい方はコミックシーモアがオススメです!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
  • 初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニューに登録で最大20000円分のポイントがもらえる(継続に応じたポイント付与あり)

「サカモトデイズ」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!

1冊70%OFF&最大20000ポイントがもらえる!

※本ページの情報は2024年4月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

【サカモトデイズ】あらすじは?

ここでは、漫画「サカモトデイズ」の概要・各巻あらすじについてまとめています。

【サカモトデイズ】概要

ジャンルバトルアクション
作者鈴木祐斗
出版社集英社
掲載誌週刊少年ジャンプ
発表期間2020年11月21日 –
巻数全16巻

町の商店を営むふくよかな男・坂本太郎。その正体は全ての悪党が恐れ、憧れた元・伝説の殺し屋!! 襲い来る危険から家族と日常を守る、坂本の日々とは…!? バトルとコメディが交錯するネオアクション活劇、開幕!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】各巻あらすじ

【サカモトデイズ】1巻あらすじ

町の商店を営むふくよかな男・坂本太郎。その正体は全ての悪党が恐れ、憧れた元・伝説の殺し屋!! 襲い来る危険から家族と日常を守る、坂本の日々とは…!? バトルとコメディが交錯するネオアクション活劇、開幕!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】2巻あらすじ

坂本を狙う奇妙な殺し屋と対峙するシン。思考の読めない敵に対抗する術は…!? なんとか遊園地での平和な休日を守り抜こうとする坂本たちに、凄腕殺し屋コンビの魔の手が迫る!! 家族に内緒の超難関任務(ミッション)の行方は!?

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】3巻あらすじ

賞金100万円を狙い、商店街主催のサバゲー大会に出場した坂本たち。坂本を狙う、バカさ一級品の狙撃手(スナイパー)・平助とチームを組むことになるが!? さらに、かつてシンが育った地下組織の魔の手が、坂本商店に迫る…!?

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】4巻あらすじ

ラボの地下深くで坂本商店、殺し屋軍団、ORDERの3者が一挙集結!! 背後に蠢く「あの男」の存在をめぐり緊迫した空気が走る中、ルー奪還を目指す坂本商店に対し鹿島と勢羽が襲いかかる!! 救出作戦の行方は…!?

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】5巻あらすじ

「運に身を任せたやつから死んでいく」――。緊迫する坂本商店vs.中国マフィア・ウータンのカジノ対決!! ルーを守り、懸賞金の情報をゲットできるか!? さらに、最凶最悪の刺客達が、海を越えて坂本に迫り来る!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】6巻あらすじ

最凶死刑囚、ORDER、坂本商店、出会った瞬間に始まる殺仕合!! 緊迫のバトルが各所で展開する中、坂本の身にある異変が…!? 裏で全てを糸引く「×(スラー)」の真の狙いが明らかになる時、殺し屋たちに激震が走る!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】7巻あらすじ

坂本と「×(スラー)」がついに対峙!! 不殺の誓いを立てる坂本に対し「×」は坂本の家族を盾に揺さぶりをかける!! 爆発寸前の殺意に飲み込まれた坂本は…!? 過去の因縁が絡み合い、殺連襲撃事件は予想外の事態へと発展!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】8巻あらすじ

JCC編入試験の三次試験は、複数のチームに分かれての“しっぽ取り”合戦!! 新たに試験に加わった3人の“推薦組”が不穏な動きを見せる中、坂本と敵同士になったシンは、成長した姿を見せようと意気込むが…?

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】9巻あらすじ

シンの窮地に駆けつけた坂本と、楽(ガク)が操るシナヤが激突!! 仲間を傷つけられた坂本の怒りが炸裂する!! 想定外だらけのJCC編入試験の結末は果たして…!? 暗躍を続ける×(スラー)の妨害をかわし、×の経歴をゲットせよ!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】10巻あらすじ

JCCでデータバンクに関する情報を探る坂本たち。シンは秘密を知ると思われる教師との“真剣勝負”に突入する!! 一方の坂本は、×(スラー)と繋がる少年・周(あまね)と対峙するが…!? ×の謀略がJCCを未曾有の危機に陥れる!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】11巻あらすじ

×(スラー)一味の急襲で、大混乱のJCC!! 生徒を守るため、京(カナグリ)の前には佐藤田先生が立ちはだかる!! 一方、データバンクである周(あまね)の祖父の確保を急ぐ坂本やシン。だがクラブ・ジャムの催眠術で事態はさらなる混沌へ…!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】12巻あらすじ

神々廻(シシバ)vs四ツ村、大佛vs芸妓の殺仕合いで、血飛沫に染まる京都の街!! 師弟関係にあった四ツ村と神々廻をめぐる壮絶な過去とは…!? 同じ頃、騒乱のJCCでは坂本と京(カナグリ)のバトルが最終局面を迎えようとしていた!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】13巻あらすじ

若き日の坂本、南雲、赤尾はJCCの超問題児だった!! 退学を回避すべく、3人は謎の男・有月(うづき)と共に特別任務へと向かうことに。標的(ターゲット)を求め“殺し屋デパート”に乗り込むが…!? 衝撃と戦慄の過去編、スタート!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】14巻あらすじ

ORDER・キンダカと共に要人の警護に挑む、若き日の坂本、南雲、赤尾、そして有月(うづき)!! 毒使いの攻撃で仲間たちに危機が迫る中、坂本は!? 一方、キンダカ殺害の密命に苦悩する有月…悲劇の歯車が回り始める!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】15巻あらすじ

剛腕・豹&狙撃手(スナイパー)・平助vs磁力使いの熊埜御(クマノミ)!! 殺しの流儀を異にする3人の近接・遠距離入り乱れる激戦の行方は…!? 同じ頃、×(スラー)の潜む廃倉庫では、到着を急ぐ坂本たちに先んじて“あの人物”が×と対峙していた!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】16巻あらすじ

殺し屋展のチケットを入手するべく奔走する坂本たち。闇オークションに望みを託すが、執拗に妨害する謎の人物との争奪戦が勃発し!? 坂本商店、X(スラー)一派、ORDER――殺し屋展で“世紀の殺し合い”の幕が開く!!

SAKAMOTO DAYS(鈴木祐斗)/集英社

【サカモトデイズ】作者・鈴木祐斗とは

ここでは、漫画「サカモトデイズ」の作者である鈴木祐斗先生についてまとめています。

【サカモトデイズ】面白い?作品の魅力まとめ

ここでは、漫画「サカモトデイズ」における作品の魅力についてまとめています。

【サカモトデイズ】強さランキング一覧

ここでは、漫画「サカモトデイズ」に登場するキャラクターの強さランキングについてまとめています。

【サカモトデイズ】登場キャラクター一覧

ここでは、漫画「サカモトデイズ」に登場するキャラクターについてまとめています。

各キャラクターの詳細については、リンク先からも参照できます(随時更新中)

坂本商店

ORDER

「ORDER」のメンバー

南雲

神々廻

大佛



サカモトデイズのORDERの上終(134話)
上終

スラー一派

死刑囚

「死刑囚」のメンバー
サカモトデイズのソウ(5巻)
ソウ
サカモトデイズのアパート(5巻)
アパート
サカモトデイズのミニマリスト(5巻)
ミニマリスト
サカモトデイズのダンプ(5巻)
ダンプ

JCC編入試験受験生

JCC関係者

「JCC関係者」のメンバー
サカモトデイズの勢羽夏生
勢羽夏生
サカモトデイズの周
サカモトデイズの佐藤田悦子
佐藤田悦子
サカモトデイズの廟堂
廟堂

どんでん会

「どんでん会」のメンバー
サカモトデイズのボイル
ボイル
サカモトデイズの帯黒
帯黒

その他

【サカモトデイズ】人気記事TOP5

本サイトにおける「サカモトデイズ」の人気記事TOP5を掲載しています。

【サカモトデイズ】単行本情報まとめ

「SAKAMOTO DAYS」単行本16巻が2024/4/4に発売決定!

▼楽天市場・Yahooショッピング・Amazonでの購入は以下のリンクから飛べます

(C)SAKAMOTO DAYS・鈴木祐斗/集英社
※記事中にて使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました