【あかね噺】面白い?面白くない?作品の魅力・感想を徹底調査!

【あかね噺】面白い?面白くない?作品の魅力・感想を徹底調査!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

あかね噺は、週刊少年ジャンプで連載されている大人気のマンガの1つです。

SNS上では「あかね噺が面白い」「アニメ化して欲しい」というコメントをよく見かけますが、本当に面白いのでしょうか?

また、あかね噺の作品の魅力とは一体何でしょうか?

今回は、あかね噺は面白い?面白くない?作品の魅力や感想についても合わせてご紹介します。

気になる方は最後までぜひご覧ください。

あかね噺の全てをわかりやすく解説!

漫画「あかね噺」をお得に読みたい方はコミックシーモアがオススメです!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
  • 初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニューに登録で最大20000円分のポイントがもらえる(継続に応じたポイント付与あり)

「あかね噺」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!

1冊70%OFF&最大20000ポイントがもらえる!

※本ページの情報は2024年2月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

【あかね噺】面白い?面白くない?

あかね噺は面白いのか?それとも面白くないのか?

気になるSNSの声を見てみました。

「面白い」という声

やはり、圧倒的に「あかね噺は面白い」という声が多く見られました。

落語を知らない人でも楽しめる作品で、中には「寄席に行ってみたい」「アニメ化するかも」という声もありました。

「落語」は日本の伝統芸能でもあるので、この作品を機に、多くの方に魅力が伝わればと思います。

「面白くない」という声

SNS上では「面白くない」「つまらない」という声も見受けられました。

しかしながら、圧倒的に「面白い」という声が多く、このような声は一部に過ぎないようです。

【あかね噺】読んだ感想は?

ここでは、筆者が「あかね噺」を1~5巻まで読んだ感想についてまとめてみました。

  • 落語について興味が沸いてくる
  • 落語シーンの描写に風情がある
  • 主人公「桜咲朱音」が成長する姿がかっこいい
  • 個性豊かなキャラクターが多い

あかね噺は「落語」をテーマとした作品ですが、落語を全く知らない方でも純粋に楽しめる作品だと感じました。

「落語」と聞くと、あまり馴染みのない印象を持つかもしれませんが、スポーツやゲームを使った例えがあり、内容を理解しやすいです。

また、個性豊かな若いキャラクターも多く登場するため、色んな推しキャラができるのもポイントです。

【あかね噺】作品の魅力は?

「あかね噺」は落語というニッチなテーマでありながら、次にくるマンガ大賞2022で3位、マンガ大賞2023にノミネートされるなど注目度は高いです。

そんな「あかね噺」の魅力についてまとめてみました。

「落語」の面白さ

あかね噺は「落語」をテーマとした作品で、落語を知っている方はもちろん、知らない方でも十分に楽しむことが出来ます。

難しい用語はスポーツやゲームで例えられていたり、落語で披露される「噺(はなし)」の内容は事前に説明があるため、内容を理解しやすくなっています。

そのため、読み進めていくといつの間にか落語の面白さにハマっていきます。

また、落語を聞き手側として楽しむだけでなく、落語界の内側も知ることができる点では、より深く落語の面白さを知ることができると思います。

個性豊かなキャラ

あかね噺には、様々な個性を持ったキャラクターが数多く登場します。

「落語」と聞くと、若い世代にあまり馴染みがない印象を受けますが、作中では若い落語家や女性の落語家も多く登場します。

それぞれのキャラクターとしての個性はもちろん、落語家としての個性や性質も異なるため、1人1人に魅了されること間違いなしです。

主人公の成長

主人公「桜咲朱音」は、落語界の頂点『真打』を目指すべく、厳しい現実の中少しずつ成長していきます。

高校生でありながら落語家としても活躍する朱音は、負けず嫌いな性格と持ち前の話術で、序盤からその頭角を現していきます

落語界は「伝統」や「年功序列」が取り巻く厳しい世界ですが、主人公が逆境に負けず成長していく姿はいつ見ても応援したくなります。

漫画の描写

あかね噺では、まるで落語を実際に聞いているかのように想像できる描写が特徴的です。

キャラクターの表情はもちろん、吹き出しや効果音、物語の背景が全て合わさって、1人の落語家の噺が描写だけで演出されています。

各々の落語家の「個性」が描写だけで表現されており、まるでその場で落語を聞いているかのような没入感を覚えます。

この描写力の高さも、あかね噺を面白いと思わせる理由の1つになっています。

【あかね噺】面白い?面白くない?まとめ!

今回は、あかね噺面白い?面白くない?作品の魅力や感想についても合わせてご紹介しました。

あかね噺は面白い」という声が圧倒的に多く、漫画を通して落語の面白さにハマる人が多いようです。

他にも、落語シーンの描写個性豊かなキャラクターなど、読者が楽しめる要素が数多くありました。

まだ読んだことがない方は、これを機にぜひ読んでみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あかね噺の全てをわかりやすく解説!

漫画「あかね噺」をお得に読みたい方はコミックシーモアがオススメです!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
  • 初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニューに登録で最大20000円分のポイントがもらえる(継続に応じたポイント付与あり)

「あかね噺」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!

1冊70%OFF&最大20000ポイントがもらえる!

※本ページの情報は2024年2月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

【あかね噺】人気記事TOP5

【あかね噺】登場キャラクター・作品のあらすじについて徹底紹介!
【あかね噺】阿良川一生のプロフィールは?朱音の父破門の理由も徹底解説!
【あかね噺】阿良川志ぐまは阿良川一門のNo2?プロフィールを徹底紹介!
【あかね噺】蘭彩歌うららとは?妖艶な落語家?プロフィールを徹底紹介!
【あかね噺】阿良川魁生とは?一生の弟子?プロフィールを徹底紹介!

【あかね噺】登場キャラクター一覧

「あかね噺」登場人物
あかね噺の桜咲朱音の登場シーン(1巻)
桜咲朱音/阿良川あかね
あかね噺の阿良川志ん太の登場シーン(1巻)
桜咲徹/阿良川志ん太
あかね噺の桜咲真幸の登場シーン(1巻)
桜咲真幸
あかね噺の阿良川一生の登場シーン(4巻)
阿良川一生
あかね噺の阿良川魁生の登場シーン(1巻)
阿良川魁生
あかね噺の阿良川嘉一(7巻)
阿良川嘉一
あかね噺の阿良川志ぐまの登場シーン(3巻)
阿良川志ぐま
あかね噺の阿良川ぐりこの登場シーン(1巻)
阿良川ぐりこ
あかね噺の阿良川亨二の登場シーン(1巻)
阿良川亨二
あかね噺の阿良川こぐまの登場シーン(1巻)
阿良川こぐま
あかね噺の阿良川まいけるの登場シーン(7巻)
阿良川まいける
あかね噺の阿良川一剣の登場シーン(3巻)
阿良川一剣
あかね噺の高良木ひかるの登場シーン(2巻)
高良木ひかる/阿良川ひかる
あかね噺の阿良川けん玉(7巻)
阿良川けん玉
あかね噺の阿良川全生(1巻)
阿良川全生
あかね噺の阿良川ぜんまい(7巻)
阿良川ぜんまい
あかね噺の暄風亭流雲の登場シーン(4巻)
暄風亭流雲
あかね噺の暄風亭雲うんの登場シーン(4巻)
暄風亭雲うん
あかね噺の椿家正明の登場シーン(4巻)
椿家正明
あかね噺の椿家八正の登場シーン(5巻)
椿家八正
あかね噺の今昔亭ちょう朝の登場シーン(4巻)
今昔亭ちょう朝
あかね噺の今昔亭朝がおの登場シーン(4巻)
今昔亭朝がお
あかね噺の今昔庵りゑんの登場シーン(4巻)
今昔庵りゑん
あかね噺の蘭彩家しゃ楽の登場シーン(5巻)
蘭彩歌しゃ楽
あかね噺の蘭彩家うららの登場シーン(5巻)
蘭彩歌うらら
あかね噺の蘭彩家まゆらの登場シーン(5巻)
蘭彩歌まゆら
あかね噺の三明亭円相の登場シーン(4巻)
三明亭円相
あかね噺の練磨家からしの登場シーン(2巻)
練磨家からし/三明亭からし
あかね噺の柏家三禄の登場シーン(4巻)
柏家三禄
あかね噺の柏家禄郎の登場シーン(5巻)
柏家禄郎
あかね噺の柏家白州の登場シーン(1巻)
柏家白州
あかね噺の柏亭良治の登場シーン(5巻)
柏亭良治
あかね噺の榊龍若の登場シーン(3巻)
榊龍若
あかね噺の御来屋守の登場シーン(1巻)
御来屋守
あかね噺の岩清水万智子の登場シーン(2巻)
岩清水万智子
あかね噺の尾崎の登場シーン(2巻)
尾崎

(C)あかね噺 末永裕樹・馬上鷹将/集英社
※記事中にて使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました