【あかね噺】蘭彩歌うららとは?妖艶な落語家?プロフィールを徹底紹介!

【あかね噺】蘭彩歌うららとは?妖艶な落語家?プロフィールを徹底紹介!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

「あかね噺」とは、2022年から週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画です。

「落語」をテーマにした漫画で、過去に父を破門にされた主人公が、落語界の頂点を目指して成長する物語が描かれています。

作中に登場する「蘭彩歌うらら」は、落語界でも数少ない「女性落語家の大御所」です。

その見た目から妖艶な雰囲気が漂う蘭彩歌うららですが、一体何者なのでしょうか?

あかね噺「蘭彩歌うらら」の気になるプロフィールについて知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

あかね噺の全てをわかりやすく解説!

漫画「あかね噺」をお得に読みたい方はコミックシーモアがオススメです!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
  • 初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニューに登録で最大20000円分のポイントがもらえる(継続に応じたポイント付与あり)

「あかね噺」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!

1冊70%OFF&最大20000ポイントがもらえる!

※本ページの情報は2024年2月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

【あかね噺】蘭彩歌うららのプロフィールは?

あかね噺の蘭彩家うららの登場シーン(5巻)
あかね噺 5巻(末永裕樹・馬上鷹将)/集英社
名前蘭彩歌うらら(らんさいかうらら)
生年月日不明
年齢不明
身長不明
体重不明
師匠蘭彩歌しゃ楽
階級真打

「蘭彩歌うらら」は、蘭彩歌一門「蘭彩歌しゃ楽」の弟子で、数少ない女性落語家の1人です。

以前はホステスとして働いていた(描写があり)、その際にしゃ楽に才能を見出されたことで落語家へと転身しました。

今最も売れている女性落語家でもあり、たった1人で寄席を満席にする人気と実力を兼ね備えた「大看板」でもあります。

「落語界で女性は活躍できない」という考えを覆すような、とても存在感のあるキャラクターです。

外見

  • 綺麗で美人
  • お洒落

一瞬で惹かれてしまうような美貌の持ち主で、その姿を一目見たさに集まるファンも少なくありません。

プライベートでの私服姿はもちろん、高座に上がる時の着物もお洒落な柄物が多いです。

うららの着物や、座布団・紅茶の用意といったものは、全て弟子の「蘭彩歌まゆら」が手配しています。

性格

  • 自信家
  • 我が強い
  • 人の不幸が好き

自信家で我が強く、「落語界で女性は活躍できない」と豪語する人々を見返すことを志しています。

また、人の不幸が好きなようで、作中では桜咲朱音の不幸話をつまみに飲む姿も描かれていました。

師弟関係

蘭彩歌しゃ楽一門

「蘭彩歌 しゃ楽一門」のメンバー
あかね噺の蘭彩家しゃ楽の登場シーン(5巻)
蘭彩歌しゃ楽
あかね噺の蘭彩家うららの登場シーン(5巻)
蘭彩歌うらら

蘭彩歌うらら一門

「蘭彩歌 うらら一門」のメンバー
あかね噺の蘭彩家うららの登場シーン(5巻)
蘭彩歌うらら
あかね噺の蘭彩家まゆらの登場シーン(5巻)
蘭彩歌まゆら

蘭彩歌うららは、蘭彩歌しゃ楽が唯一弟子にとった人物です。

しゃ楽は「弟子をとらず、女性落語家を否定する落語家」として有名でしたが、ただ1人、うららに自身の芸の真価を見出したことで、唯一の弟子としました。

現在「真打」となったうららの一門には、弟子の蘭彩歌まゆらが所属しています。

落語界の階級には、1番上から「真打」「二ツ目」「前座」「見習い」があり、芸歴や技能によって昇進する。

  • 真打:落語界の最高位。己の芸を極めるほか、弟子をとって育てることも可能
  • 二ツ目:落語家と認められ、芸を極める期間。羽織・袴を着用できる
  • 前座:落語家になるための修業期間。雑務や稽古を通して基礎を作る

【あかね噺】蘭彩歌うららの落語の特徴は?

あかね噺の蘭彩家うららの落語シーン(5巻)
あかね噺 5巻(末永裕樹・馬上鷹将)/集英社

「蘭彩歌うらら」は、作中でどのような落語を披露しているのでしょうか?

落語の特徴や、これまで披露した演目について詳しくみていきましょう。

特徴

「蘭彩歌うらら」の落語には、以下のような特徴があります。

特徴
  • 「妖艶さ」を生かした芸風

蘭彩歌うららは、その場にいる観客全てを虜にしてしまうほどの「妖艶さ」が特徴です。

その妖艶さは、しばしば「麻薬」とも称されるほどで、観客を自身の落語の空間へと没入させてしまうほどの力を持っています。

また、語り口にも女性ならではの上品さがあり、蘭彩歌しゃ楽が唸るのも理解できます。

これまで披露した演目

「蘭彩歌うらら」がこれまで作中で披露した演目は、以下になります。

  • お茶汲み(おちゃくみ)

お茶汲みは「遊郭」に関する噺の1つです。

うららの妖艶さと巧みな話術で、噺の情景と客席の状態が重なり、まるで観客が遊郭にいるような雰囲気を醸し出していました。

作中では噺のオチよりも、うららの「妖艶さ」に憑りつかれてしまった観客の姿が印象的でした。

【あかね噺】蘭彩歌うららの活躍は漫画の何巻で読める?

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

蘭彩歌うららは単行本5巻から登場しているキャラクターで、39話からその活躍が描かれています。

「あかね噺」蘭彩歌うららの活躍を見たい方は、電子書籍コミックシーモアがオススメです。

ポイント①:初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる

ポイント②月額メニューに登録で登録分のポイントをもらえる&継続に応じたポイントが付与

※月額メニューの例(公式サイトより一部抜粋)

メニュー月額料金(税込)登録特典初月獲得pt2カ月目以降獲得pt
コミックシーモア50005,500円5,000pt5,000pt
+1,200pt
5,000pt
+1,200pt
コミックシーモア2000022,000円20,000pt20,000pt
+6,000pt
20,000pt
+6,000pt

月額メニューを2カ月継続した場合

  • 月額メニュー5000:11000円の支払で計17400ptを獲得(6400ptお得
  • 月額メニュー20000:44000円の支払で計72000ptを獲得(28000ptお得

漫画「あかね噺」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアでお得に楽しみましょう!

※本ページの情報は2024年2月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

【あかね噺】蘭彩歌うららとは?妖艶な落語家?まとめ!

今回は、あかね噺に登場する「蘭彩歌うらら」とは?妖艶な落語家?気になるプロフィールについてご紹介しました。

以下、あかね噺の蘭彩歌うららに関するまとめです。

  • 蘭彩歌うららは「女性落語家の大御所
  • 蘭彩歌しゃ楽の唯一の弟子
  • 美人でお洒落な見た目
  • 自信家我が強い性格
  • 「妖艶さ」を生かした芸風が特徴
  • 披露した演目は「お茶汲み

少しでも魅力が伝われば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あかね噺の全てをわかりやすく解説!

漫画「あかね噺」がU-NEXTで配信中!無料トライアル登録をするだけで600ポイント(漫画1巻分)がもらえます。

あかね噺をお試しで読みたい方や、気になるシーンだけ読みたい方など必見です!

トライアル登録で漫画1巻分(600PT)もらえる
【U-NEXT ユーネクスト】※電子書籍LP※商品リンクあり

※本ページの情報は2024年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

【あかね噺】人気記事TOP5

【あかね噺】登場キャラクター・作品のあらすじについて徹底紹介!
【あかね噺】阿良川一生のプロフィールは?朱音の父破門の理由も徹底解説!
【あかね噺】阿良川志ぐまは阿良川一門のNo2?プロフィールを徹底紹介!
【あかね噺】蘭彩歌うららとは?妖艶な落語家?プロフィールを徹底紹介!
【あかね噺】阿良川魁生とは?一生の弟子?プロフィールを徹底紹介!

【あかね噺】登場キャラクター一覧

「あかね噺」登場人物
あかね噺の桜咲朱音の登場シーン(1巻)
桜咲朱音/阿良川あかね
あかね噺の阿良川志ん太の登場シーン(1巻)
桜咲徹/阿良川志ん太
あかね噺の桜咲真幸の登場シーン(1巻)
桜咲真幸
あかね噺の阿良川一生の登場シーン(4巻)
阿良川一生
あかね噺の阿良川魁生の登場シーン(1巻)
阿良川魁生
あかね噺の阿良川嘉一(7巻)
阿良川嘉一
あかね噺の阿良川志ぐまの登場シーン(3巻)
阿良川志ぐま
あかね噺の阿良川ぐりこの登場シーン(1巻)
阿良川ぐりこ
あかね噺の阿良川亨二の登場シーン(1巻)
阿良川亨二
あかね噺の阿良川こぐまの登場シーン(1巻)
阿良川こぐま
あかね噺の阿良川まいけるの登場シーン(7巻)
阿良川まいける
あかね噺の阿良川一剣の登場シーン(3巻)
阿良川一剣
あかね噺の高良木ひかるの登場シーン(2巻)
高良木ひかる/阿良川ひかる
あかね噺の阿良川けん玉(7巻)
阿良川けん玉
あかね噺の阿良川全生(1巻)
阿良川全生
あかね噺の阿良川ぜんまい(7巻)
阿良川ぜんまい
あかね噺の暄風亭流雲の登場シーン(4巻)
暄風亭流雲
あかね噺の暄風亭雲うんの登場シーン(4巻)
暄風亭雲うん
あかね噺の椿家正明の登場シーン(4巻)
椿家正明
あかね噺の椿家八正の登場シーン(5巻)
椿家八正
あかね噺の今昔亭ちょう朝の登場シーン(4巻)
今昔亭ちょう朝
あかね噺の今昔亭朝がおの登場シーン(4巻)
今昔亭朝がお
あかね噺の今昔庵りゑんの登場シーン(4巻)
今昔庵りゑん
あかね噺の蘭彩家しゃ楽の登場シーン(5巻)
蘭彩歌しゃ楽
あかね噺の蘭彩家うららの登場シーン(5巻)
蘭彩歌うらら
あかね噺の蘭彩家まゆらの登場シーン(5巻)
蘭彩歌まゆら
あかね噺の三明亭円相の登場シーン(4巻)
三明亭円相
あかね噺の練磨家からしの登場シーン(2巻)
練磨家からし/三明亭からし
あかね噺の柏家三禄の登場シーン(4巻)
柏家三禄
あかね噺の柏家禄郎の登場シーン(5巻)
柏家禄郎
あかね噺の柏家白州の登場シーン(1巻)
柏家白州
あかね噺の柏亭良治の登場シーン(5巻)
柏亭良治
あかね噺の榊龍若の登場シーン(3巻)
榊龍若
あかね噺の御来屋守の登場シーン(1巻)
御来屋守
あかね噺の岩清水万智子の登場シーン(2巻)
岩清水万智子
あかね噺の尾崎の登場シーン(2巻)
尾崎

(C)あかね噺 末永裕樹・馬上鷹将/集英社
※記事中にて使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました