【カグラバチ】漣家(さざなみけ)とは?メンバーについても紹介!

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

カグラバチとは、2023年から週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画です。

「刀」をテーマにしたバトル・アクション漫画で、国で最も有名な刀匠の父をもつ主人公がとある事件をきっかけに復讐を志していきます。

本記事では、作中に登場する「漣家(さざなみけ)」について詳しくご紹介します。

この記事を読んでわかること

カグラバチに登場する「漣家」について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

カグラバチの全てをわかりやすく解説!

「カグラバチ」単行本3巻が2024/7/4に発売!

▼楽天市場・Yahooショッピング・Amazonでの購入は以下のリンクから飛べます

本記事は重大なネタバレを含んでいます。苦手な方はブラウザバックされることを推奨します

【カグラバチ】漣家とは?

カグラバチの漣家
カグラバチ 22話(外薗健)/集英社

漣家(さざなみけ)とは、200年に渡って楽座市を開催している妖術師の一族です。

漣家に生まれた人は幼い頃から妖術の修行に励み、その全ての人生を楽座市に捧げることを課せられています。

普段は敷地全体が結界で覆われており、家の所在地を特定できるのは原則漣家の人間のみです。

楽座市

楽座市とは、簡潔にいうと「闇競売」のことです。

日本各地から裏社会の要人たちが一気に集合し、売りに出された商品を競り落としていきます。

ここでいう商品とはいわゆる”物”だけではなく、人や死体といったものも扱われており、いかに常軌を逸した催事であるかが分かります。

また、楽座市の商品はすべて「」と呼ばれる場所に保管されていますが、その在り方は当主の漣京羅しか知りません。

漣家に伝わる能力

漣家には、代々「蔵(くら)」と「威葬(いそう)」の2つの能力が受け継がれています。

蔵(くら)

「蔵」とは想像上の空間のことで、約200年前に初代漣家当主が生み出したものです。

基本的には次の漣家の当主へと受け継がれる能力ですが、初代当主を除き、例外として漣伯理も扱うことができます。

妖術を使用する際に現れる左目の仮面は、自身が「蔵の管理者」であることと同時に、漣家の当主であることを表しています。

威葬(いそう)

初代漣家当主がもっていた能力の1つで、漣家の人間だけに宿る妖術です。

両手を上下に組むことで、相手に大きな衝撃波を与えることができます。

当主の交代

カグラバチの漣家の地下墓地「凪浄苑(なぎのじょうえん)」
カグラバチ 28話(外薗健)/集英社

漣家における当主の交代とは、すなわち「蔵」の能力を引き継ぐことを意味します。

当主交代には儀式が伴い、それらは漣家が所有する地下墓地「凪浄苑(なぎのじょうえん)」で行われます。

親衛隊「濤」

漣家には、家系の妖術師(約50人)の中から上位4名で構成された「濤(とう)」と呼ばれる部隊があります。

主に当主の警護にあたっており、その存在は漣家に生まれた人々の憧れの的ともなっています。

【カグラバチ】漣家のメンバー

ここからは、カグラバチに登場する漣家のメンバーについてご紹介します。

当主家

漣京羅(さざなみきょうら)

カグラバチの漣京羅
カグラバチ 22話(外薗健)/集英社

漣京羅は、漣家における現当主です。

妖刀「真打」を所持している人物でもあり、漣家の使命である楽座市の開催を果たすべく動いています。

京羅は商品が保管されている「蔵」を自由に扱うことができる唯一の存在で、彼の動向は六平チヒロや神奈備から注視されています。

漣伯理(さざなみはくり)

カグラバチの漣伯理
カグラバチ 22話(外薗健)/集英社

漣伯理は、漣家に生まれた人物の1人です。

妖術師の家系に生まれるも長らく才能が開花せず、楽座市の存在を批判したことで漣家から追放されてしまいます。

現在は主人公の六平チヒロとともに、楽座市の開催を阻止すべく動いています。

親衛隊「濤(とう)」

漣宗也(さざなみそうや)

カグラバチの漣宗也
カグラバチ 24話(外薗健)/集英社

漣宗也は濤のメンバーの1人で、伯理の5つ上の兄でもあります。

伯理のことを溺愛していますが、その愛情表現は暴力を振るうという歪なもので、当の本人からは恐れられています。

三つ編みをした大柄な男(名称不明)

カグラバチの濤のメンバー1
カグラバチ 23話(外薗健)/集英社

濤のメンバーの1人。詳細不明

漣天理(さざなみてんり)

カグラバチの濤のメンバー2
カグラバチ 23話(外薗健)/集英社

漣天理は濤のメンバーの1人で、伯理の1つ下にあたるです。

史上最年少で濤になった実力者で、幼い頃から才能に恵まれず、漣家の評価を下げていた伯理のことを快く思っていませんでした。

命令には従順で、楽座市や父の漣京羅を守るためであれば、自身の命も容易く捨ててしまうほどの高い忠誠心があります。

片目を隠した長髪の女(名称不明)

カグラバチの濤のメンバー3
カグラバチ 23話(外薗健)/集英社

濤のメンバーの1人。詳細不明

【カグラバチ】漣家とは?まとめ!

今回は、カグラバチに登場する漣家とは?メンバーについてもご紹介しました。

以下、カグラバチの漣家に関するまとめです。

  • 漣家は200年に渡り楽座市を開催する妖術師の一族
  • 親衛隊「濤(とう)」を配属している
  • 当主の漣京羅が妖刀「真打」を所持

少しでも魅力が伝われば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

【カグラバチ】人気記事TOP5

【カグラバチ】妖刀一覧まとめ!能力や所有者についても詳しく解説
【カグラバチ】双城厳一の能力・強さは?気になるプロフを徹底紹介!
【カグラバチ】主人公の六平チヒロとは?気になる強さ・過去を徹底紹介!
【カグラバチ】神奈備とは?メンバーや強さ・目的について徹底紹介!
【カグラバチ】主要キャラクターの死亡・生存状況まとめ(最新話時点)

【カグラバチ】登場キャラクター一覧

(C)カグラバチ・外薗健/集英社
※記事中にて使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました