【アンデッドアンラック】UMAとは?能力・特徴まとめ【最新話時点】

【PR】この記事には広告を含む場合があります

【PR】この記事には広告を含む場合があります

アンデッドアンラック(アンデラ)とは、2020年から週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画です。

「否定者」と呼ばれる異能の力をもつキャラクターたちが、さまざまな敵と対峙し世界の謎を解き明かしていく物語が描かれています。

作中では、否定者に立ちはだかる敵として「UMA」と呼ばれるものが登場しています。

UMAの能力や特徴とは一体何でしょうか?

この記事を読んでわかること

アンデッドアンラック「UMA」について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください!

アンデッドアンラックの全てをわかりやすく解説!

漫画「アンデッドアンラック」をお得に読みたい方はコミックシーモアがオススメです!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
  • 初回限定特典として1冊70%OFFクーポンがもらえる
  • 月額メニューに登録で最大20000円分のポイントがもらえる(継続に応じたポイント付与あり)

「アンデッドアンラック」が気になる方は、ぜひこの機会にコミックシーモアで漫画をお得に楽しみましょう!

1冊70%OFF&最大20000ポイントがもらえる!

※本ページの情報は2024年4月時点のものです

※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります。最新情報は公式サイトにてご確認ください

本記事は重大なネタバレを含んでいます。苦手な方はブラウザバックされることを推奨します

注意点

本作は「ループ」を基盤とした作品となっており、物語は100回目のループから始まります。

本記事ではループ前(100回目のループ)ループ後(101回目のループ)という表記で区別して記載しています。

【アンデッドアンラック】UMAとは?

UMAとは、人間を苦しめるために神が生み出した怪物のことです。

一方で、この世界を作り上げる理(ルール)としての役割をもっています。

UMAは理の数だけ存在しており、それぞれに異なる理とそれに伴う呼び名が付与されています。

【アンデッドアンラック】UMAの特徴は?

UMAの特徴には、以下のようなものがあります。

見た目の変化

UMAの見た目は、その多くが自身の理を模した姿となっています。

外見は「フェーズ」と呼ばれるものによって大きく変わり、以下の3形態(まれに4形態)に分類されます。

ちなみにフェーズが進む要因は、自身の能力で生み出したジュニアや好物などを捕食することとされています。

コアフォーム

アンデッドアンラックのUMAスポイルのコアフォームの姿(7巻)
アンデッドアンラック 7巻(戸塚慶文)/集英社

コアフォームはUMAの最初の姿で、その見た目は顔だけであることが殆どです。

この姿の状態のUMAは本来の力を発揮することができず、否定者から簡単に討伐されたり使役されることが多いです。

フェーズ1

アンデッドアンラックのUMAスポイルのフェーズ1の姿(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社

フェーズ1は、UMAがコアフォームの状態から進化した姿です。

頭部以外の部位が生えて巨大化しますが、能力はコアフォームの状態の時とあまり変わりません。

フェーズ2

アンデッドアンラックのUMAスポイルのフェーズ2の姿(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社

フェーズ2は、UMAがフェーズ1の状態からさらに進化した姿です。

理(ルール)の解釈が広がり、それに伴って攻撃力が格段に上昇するため、否定者単体での討伐は厳しくなります。

因みにニコが開発したキューブを使用すると、コアフォームのUMAを一時的にフェーズ2の状態へ急成長させることが可能です。

極悪な性格

UMAは神から「己が理で人間共を苦しめろ」という命令を下されているため、ほとんどが極悪な性格です。

しかし、命令を遵守するがゆえに否定者に逆利用され、ある意味友好的となっているUMAも存在しています(UMAクローゼスなど)。

知能が高い

UMAの中には高い知能をもったものも複数存在しています。

その多くは人間の言葉を理解して会話したり、スプリングのように古代遺物を使用するUMAもいます。

理に基づく能力

UMAの能力はそれぞれの理に基づいた能力となっています。

例:UMAスポイル・・「生物以外の有機物を腐らせる」能力

能力の発動には条件があるものも存在し、またフェーズが進むことによって能力の威力は上がっていきます。

世界改変

UMAが追加されることは、すなわちこの世界に理(ルール)が追加されることを意味します。

その場合、世界はその理が存在する前提の世界へと書き換わります(世界改変と呼ばれる)

UMA(理)はそれぞれが複雑に絡み合っており、1つのUMAが消滅すると世界のバランスが崩れるなど、生命の危険性は高まっていきます。

【アンデッドアンラック】UMA一覧

ここからは、アンデッドアンラックに登場するUMAとその能力・特徴についてご紹介します。

ムーブ

アンデッドアンラックのムーブ(3巻)
アンデッドアンラック 3巻(戸塚慶文)/集英社
移動
系統現象系
分類不明
使役者UNION(ループ後は出雲風子

スポイルは、UNIONに管理されているUMAの1つです。

数字が描かれた頭部と鋭い牙・爪をもっており、対象を移動させる能力をもっています。

クローゼス

アンデッドアンラックのクローゼス(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者アンディ(ループ後は不明)

クローゼスは、UNIONに管理されているUMAの1つです。

大きな牙が特徴で、憑依した人の望む服装に変化する能力をもっています。

憑りつかれた対象は体の自由を失い、行動不能になると新たな対象(女性を優先)を求めて移動し続けます。

スポイル

アンデッドアンラックのスポイル(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社
腐る
系統現象系
分類課題(クエスト)対象
使役者ジュイス(ループ後は不明)

スポイルは、アメリカ西部のロンギングに現れたUMAの1つです。

黙示録から提示された課題の捕獲対象として登場し、アンディ出雲風子シェンの3人が捕獲へ向かいます。

筋肉質な体と凶悪な牙が特徴で、対象を腐敗させる能力をもっています。

ループ後

101回目のループでは討伐対象として登場しますが、出雲風子が課題に挑まなかったため未討伐となっています。

バーン

アンデッドアンラックのバーン(4巻)
アンデッドアンラック 4巻(戸塚慶文)/集英社
燃焼
系統現象系
分類課題(クエスト)対象
使役者ビリー(ループ後は不明)

バーンは、課題の捕獲対象として登場したUMAの1つです。

UNIONのジュイスタチアナビリー一心フィルトップの6人が捕獲に成功し、報酬として円卓の第11席を手に入れました。

全身が炎に包まれた怪物のような姿で、燃焼能力をもっています。

ループ後

1回目

1回目は討伐対象として登場しますが、出雲風子が課題に挑まなかったため未討伐となっています。

2回目

2回目は捕獲対象として登場し、出雲風子が課題に挑むことを宣言しています。

成功報酬として、古代遺物「サイレントヴォイス」の所在が明かされる予定です。

イート

アンデッドアンラックのUMAイート(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社
系統現象系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

イートは、課題の捕獲対象として登場したUMAの1つです。

UNIONからはジュイスビリータチアナフィルトップの5人が捕獲へ向かい、成功します。

能力や強さについては作中で明かされておらず、不明となっています。

ループ後

101回目のループでも同じく課題に登場しますが、課題の詳細は不明となっています。

しかし、出雲風子が課題に挑まなかったことから未討伐未捕獲となっています。

パスト

アンデッドアンラックのUMAパスト(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社
過去
系統概念系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

パストは、課題の捕獲対象として登場したUMAの1つです。

UNIONからはジュイスニコフィルの3人が捕獲へ向かい、成功します。

能力や強さについては作中で明かされておらず、不明となっています。

ランゲージ

アンデッドアンラックのUMAランゲージ(2巻)
アンデッドアンラック 2巻(戸塚慶文)/集英社
言語
系統不明
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

ランゲージは、課題の討伐対象として登場したUMAの1つです。

UNIONニコがクエストを1人で受注し、討伐に成功しています。

能力や強さについては作中で明かされておらず、不明となっています。

ループ後

アンデットアンラックの上位十理「UMAランゲージ」
アンデッドアンラック 200話(戸塚慶文)/集英社

101回目のループでは、UMAランゲージが上位十理の1つであることが明かされました。

UNIONの12席・13席になったニコとイチコが対戦しています。

コール

通話
系統不明
分類課題(クエスト)報酬対象
使役者なし

コールは、否定者「不可視」の捕獲の報酬として登場したUMAの1つです。

UNIONが課題に失敗したことから、実際に作中で登場することはありませんでした。

ギャラクシー

アンデッドアンラックのギャラクシー(3巻)
アンデッドアンラック 3巻(戸塚慶文)/集英社
銀河
系統概念系
分類罰(ペナルティ)
使役者なし

ギャラクシーは、課題「不可視の捕獲」の失敗に伴う罰として追加されたUMAです。

ギャラクシーが追加されたことにより、曜日や神話、宇宙や宇宙人などの地球外生命体といった概念が追加されました。

UNIONのジュイスは、地球に侵略してきた宇宙人を自身の否定能力で撃退しています。

カインドネス

アンデッドアンラックのUMAカインドネス(8巻)
アンデッドアンラック 8巻(戸塚慶文)/集英社
不明
系統不明
分類不明
使役者UNDER(ループ後は不明)

カインドネス(カイン)は、UNDERのアジトとして使われているシャチの姿をしたUMAです。

胃袋の中にはUNDERのメンバーが過ごす建物が存在しており、アジトの所在地が第三者に探知されないようになっています。

能力や強さについては作中で明かされておらず不明です。

ループ後

101回目のループでは課題の捕獲対象として登場しますが、出雲風子が課題に挑まなかったため未捕獲となっています。

インフォメーション

アンデッドアンラックのUMAインフォメーション(7巻)
アンデッドアンラック 7巻(戸塚慶文)/集英社
情報
系統概念系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

インフォメーションは、数十年前に提示された課題「UMAインフォメーションの捕獲」で捕らえられたUMAです。

情報」という概念が追加されたことにより、古代遺物「Gライナー」へこの世界のループに関する情報が付与されました。

スプリング

アンデッドアンラックのスプリング(8巻)
アンデッドアンラック 8巻(戸塚慶文)/集英社
系統概念系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

スプリングは、東京に現れた四季のUMAの1つです。

黙示録から提示された課題の討伐対象として登場し、UNION全メンバーが対応に向かいます。

鬼の見た目や和装が特徴的で、人を桜に変える能力をもっています。

サマー

アンデッドアンラックのサマー(7巻)
アンデッドアンラック 7巻(戸塚慶文)/集英社
系統概念系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

サマーは、台湾に現れた四季のUMAの1つです。

黙示録から提示された課題の討伐対象として登場し、UNIONからはアンディ出雲風子シェンムイの4人が向かいます。

黒い大型虫のような見た目で、本体以外に分身を作って行動する能力をもっています。

ループ後

1回目

1回目は課題に登場しますが、その詳細は不明となっています。

しかし、出雲風子が課題に挑まなかったことから未討伐未捕獲となっています。

2回目

2回目は捕獲対象として登場し、出雲風子が課題に挑むことを宣言しています。

成功報酬として、古代遺物「ハーレクイン」の所在が明かされる予定です。

オータム

アンデッドアンラックのオータム(5巻)
アンデッドアンラック 5巻(戸塚慶文)/集英社
系統概念系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

オータムは、カナダのスタンレーパークに現れた四季のUMAの1つです。

黙示録から提示された課題の捕獲対象として登場し、UNIONからはアンディ出雲風子の2人が捕獲へ向かいます。

巨大な蜘蛛のような見た目で、人を本に変える能力をもっています。

ループ後

101回目のループでは討伐対象として登場し、ジーナによって討伐されています。

ウィンター

アンデッドアンラックのウィンター(8巻)
アンデッドアンラック 8巻(戸塚慶文)/集英社
系統概念系
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

ウィンターは、トルコのアララト山に現れた四季のUMAの1つです。

黙示録から提示された課題の討伐対象として登場しますが、課題成功を阻むUNDER(アンダー)によって人質とされました。

結晶のような形をしており、雪を降らせる能力をもっています。

ゴースト

アンデッドアンラックのゴースト(11巻)
アンデッドアンラック 11巻(戸塚慶文)/集英社
幽霊
系統概念系
分類課題(クエスト)報酬対象
使役者なし

ゴーストは、UMAオータム捕獲の報酬として登場したUMAの1つです。

理(ルール)の中にゴーストが追加されたことにより、生物の死の条件が「体の機能が停止すること」から変更されています。

巨大な幽霊のような姿で、生物から魂を取り出す能力をもっています。

ループ後

101回目のループでは課題の罰(ペナルティ)として追加されています。

ブラッド

アンデッドアンラックのUMAブラッド(11巻)
アンデッドアンラック 11巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者ルイン(ループ後は不明)

ブラッドは、ルインが使役しているUMAの1つです。

UMAでありながらルインと一心同体の存在で、ルインが死亡しない限り消滅することはありません。

姿を変幻自在に変えることができ、戦闘では大きく活躍しています。

シャドウ

アンデッドアンラックのUMAシャドウ(14巻)
アンデッドアンラック 14巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者ルイン(ループ後は不明)

シャドウは、ルインが使役しているもう1つのUMAです。

ブラッドと同じくルインと一心同体の存在で、ルインが死亡しない限り消滅することはありません。

影を媒体としてルインを移動させる能力をもっています。

レボリューション

アンデッドアンラックのUMAレボリューション(4巻)
アンデッドアンラック 4巻(戸塚慶文)/集英社
公転
系統概念系
分類罰(ペナルティ)
使役者なし

レボリューションは、課題「四季のUMAの討伐」の失敗に伴う罰として登場したUMAです。

課題自体は成功しレボリューションの追加は免れましたが、季節の均衡が崩れ、結果的に罰の追加と同じ現象が発生しました。

スノウ

アンデッドアンラックのUMAスノウ(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者なし

スノウは、ウィンターの所在地付近で痕跡が確認されているUMAの1つです。

公転の影響を抑えるため、UNIONからタチアナ重野力フィルの3人が捕獲へ向かいます。

スピン

アンデッドアンラックのUMAスピン(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
回転
系統不明
分類不明
使役者なし

スピンは、海上を移動する台風のようなUMAの1つです。

公転の影響を抑えるため、UNIONからトップが捕獲へ向かいます。

アトモスフィア

アンデッドアンラックのUMAアトモスフィア(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
大気
系統不明
分類不明
使役者なし

アトモスフィアは、この世界の大部分を占めているUMAの1つです。

公転の影響を抑えるため、シェンムイバックスの3人が捕獲へ向かいます。

サースト

アンデッドアンラックのUMAサースト(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
渇き
系統現象系
分類不明
使役者なし

サーストは、森に現れアンディを襲撃したUMAの1つです。

体全体が包帯に巻かれたような見た目で、この世界の空気を乾燥させる能力をもっています。

最終的にはアンディによって討伐されました。

ループ後

101回目のループでは課題の罰(ペナルティ)として追加されています。

グラビティ

アンデッドアンラックのUMAグラビティ(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
重力
系統不明
分類不明
使役者なし

グラビティは、森に現れアンディを襲撃したUMAの1つです。

球体が四方に4つ繋がった見た目で、この世界の重力をつかさどる能力をもっています。

最終的にはアンディによって討伐されました。

スライス

アンデッドアンラックのUMAスライス(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
切る
系統不明
分類不明
使役者なし

スライスは、森に現れアンディを襲撃したUMAの1つです。

両手が鋭い刃物のようになっており、この世界の切断をつかさどる能力をもっています。

最終的にはアンディによって討伐されました。

マグマ

アンデッドアンラックのUMAマグマ(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
マグマ
系統不明
分類不明
使役者なし

マグマは、森に現れアンディを襲撃したUMAの1つです。

体全体が燃えている龍のような見た目で、マグマを噴出させる能力をもっています。

最終的にはアンディによって討伐されました。

インセクト

アンデッドアンラックのUMAインセクト(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者なし

インセクトは、森に現れアンディを襲撃したUMAの1つです。

巨大なハサミをもつ昆虫のような見た目で、この世界の虫をつかさどる能力をもっています。

最終的にはアンディによって討伐されました。

ループ後

101回目のループでは課題の罰(ペナルティ)として追加されています。

シール

アンデッドアンラックのシール(11巻)
アンデッドアンラック 11巻(戸塚慶文)/集英社
封印
系統不明
分類調整者
使役者なし

シールは、ルインと共に神によって選ばれた調整者(レギュレーター)の1人です。

世界の理(マスタールール)の安定を保つ調整者として生み出されたUMAで、アンディや組織の敵として登場します。

背中から伸びている札を対象に巻き付けることで封印することができ、封印したUMAや否定者の能力を自由に使うことができます。

スプラッシュ

アンデッドアンラックのUMAスプラッシュ(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
飛沫
系統不明
分類不明
使役者シール(ループ後は不明)

スプラッシュは、シールが封印して使役したUMAの1つです。

液体などを飛散させることができ、作中ではアンディの攻撃を回避しました。

ボム

アンデッドアンラックのUMAボム(12巻)
アンデッドアンラック 12巻(戸塚慶文)/集英社
爆弾
系統不明
分類不明
使役者シール(ループ後は不明)

ボムは、シールが封印して使役したUMAの1つです。

対象を爆発させることができ、作中ではアンディの体内を爆発させて頭に致命傷を与えました。

ヒート

アンデッドアンラックのUMAヒート(16巻)
アンデッドアンラック 16巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者なし

ヒートは、ソ連イルクーツクに登場したUMAです。

高温の熱を発生させる能力をもっており、ソ連の街を襲撃して建物を次々と燃やしていきます。

この襲撃はジーナが否定能力を発動し、4万もの民間人を窒息死させる悲劇のきっかけとなっていましたが、出雲風子により回避されました。

ストップ

アンデッドアンラックのUMAストップ(16巻)
アンデッドアンラック 16巻(戸塚慶文)/集英社
停止
系統不明
分類課題(クエスト)対象
使役者なし

ストップは、課題の討伐対象として登場したUMAの1つです。

出雲風子が課題に挑まなかったため未捕獲となっており、強さ・能力に関する情報も明らかになっていません。

クラブ

アンデッドアンラックのUMAクラブ(16巻)
アンデッドアンラック 16巻(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類罰(ペナルティ)
使役者なし

クラブは、課題の罰(ペナルティ)として追加されたUMAの1つです。

課題の詳細や、クラブの強さ・能力に関する情報は明らかになっていません。

トルネード

アンデッドアンラックのUMAトルネード(16巻)
アンデッドアンラック 16巻(戸塚慶文)/集英社
竜巻
系統不明
分類罰(ペナルティ)
使役者なし

トルネードは、課題の罰(ペナルティ)として追加されたUMAの1つです。

課題の詳細や、トルネードの強さ・能力に関する情報は明らかになっていません。

シャーク

系統不明
分類罰(ペナルティ)
使役者なし

シャークは、課題「UMAバーンの討伐」の罰として追加されたUMAです。

シャークの姿や強さ・能力に関する情報は明らかになっていません。

ディノサウルス

恐竜
系統不明
分類罰(ペナルティ)
使役者なし

ディノサウルスは、課題「UMAオータムの討伐」「否定者不可避(アンアボイダブル)の捕獲の罰として登場したUMAです。

2つの課題はクリアされた為、ディノサウルスは追加されませんでした。

カラー

アンデッドアンラックのUMAカラー(171話)
アンデッドアンラック 171話(戸塚慶文)/集英社
系統概念系
分類不明
使役者なし

カラーは重野力が通う学校に現れたUMAの1です。

頭の上半分がパレット、下半分は大きな牙という見た目で、様々な色の液体を放出して攻撃したり自身の姿を変化させる能力をもっています。

空中を自由に動き回りながら攻撃するも、最終的には重野力と出雲風子によって倒されました。

シック

アンデッドアンラックのUMAシックのフェーズ2の姿(177話)
アンデッドアンラック 177話(戸塚慶文)/集英社
病気
系統不明
分類不明
使役者なし

シックはリップが勤める病院に現れたUMAで、上位十理の1人です。

人間のような風貌と長い髪が特徴で、人を病気にする能力をもっています。

UNIONと対戦し、最終的にはリップの「不治」によって真っ二つにされるも存命しています。

ゴールド

アンデッドアンラックのUMAゴールド(189話)
アンデッドアンラック 189話(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者なし

ゴールドはロンドンに現れたUMAの1つです。

全身が固い装甲で覆われており、さまざまな金物を出現させることで対象を操る能力をもっています。

ビースト

アンデッドアンラックのビースト(191話)
アンデッドアンラック 191話(戸塚慶文)/集英社
系統不明
分類不明
使役者なし

ビーストはブラジルに現れたUMAで、上位十理の1人です。

オオカミの被り物やふわふわとした尻尾が特徴的で、大きな咆哮を放つことで攻撃します。

【アンデッドアンラック】UMAとは?まとめ!

今回は、アンデッドアンラックのUMAとは?能力・特徴についてもご紹介しました。

以下、アンデッドアンラックのUMAに関するまとめです。

  • UMAは人間を苦しめるために神が生み出した怪物のこと
  • この世界を作り上げる理(ルール)としての役割も担う
  • UMAの特徴は以下
    • 見た目は自身の理を模した姿
    • フェーズによって大きく見た目が変わる
    • 極悪な性格
    • 知能の高いUMAも存在
    • それぞれのに基づいた能力
    • UMAが追加されると世界改変が発生

少しでも魅力が伝われば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

【アンデッドアンラック】Blu-ray&DVD情報

アンデッドアンラック」Blu-ray&DVD第1弾・第2弾の発売が決定!

第1弾:2024年3月27日発売

第2弾:2024年6月26日発売予定

【アンデッドアンラック】アニメはどこまで?

【アンデッドアンラック】あらすじ

【アンデッドアンラック】人気記事TOP5

【アンデッドアンラック】最強キャラは誰?強さランキングTOP10を徹底紹介!
【アンデッドアンラック】主要キャラクターの死亡・生存状況まとめ(最新話時点)
【アンデッドアンラック】ジュイスの性別は?正体や能力・過去などプロフまとめ!
【アンデッドアンラック】ビリーは裏切り者?目的は?能力・過去などプロフ紹介!
【アンデッドアンラック】ヴィクトルの正体とは?能力・過去を徹底紹介!

【アンデッドアンラック】登場キャラクター一覧

(C)アンデッドアンラック 戸塚慶文/集英社
※記事中にて使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました